音楽教室のホームページ (3)業者に依頼する場合

今回は、業者等に依頼して、ホームページを作成する場合です。

ホームページを作成している業者は、幾つかの種類があります。
(1)デザイン系
(2)プログラミング系
(3)マーケティング系
(4)複合系
などです。

代表的な「デザイン系」と「マーケティング系」で、ご説明します。

「デザイン系」は、デザイン重視のため、SEO(サーチエンジン対策)、マーケティング、コンバージョン(成約)などについては、弱い傾向にあります。

確かに、見栄えのよいものを納品してくれますが、ホームページの目的とは、違うことになってしまいがちです。

「マーケティング系」は、集客(生徒募集)に焦点をあてて、ホームページを作成します。

ホームページは、色々な要素で成り立っていますので、総合的なものです。従って、どれがよいという単純なことではありません。その上で、具体的な業者選びの基準を見ていきましょう。

(1)音楽教室という業界の知識があること。
音楽教室(クラシック)について、どのような業界なのかを知っていることが必要です。例えば、音楽教室と言っても、ポピュラー、ジャズ、ロックなどと、クラシック系では違う業界です。また、クラシック系でも、幼児等を対象にしたリトミック、中高年を対象にしたもの、セラピー等と融合したものがあります。

ホームページ制作業者は、依頼すれば、どのような業界のものでも作ってくれますが、全然、知識がない場合、先生のリクエストを理解してくれない可能性があります。

音楽教室専門というのは、余りありませんが、少なくとも制作経験がある方がよいでしょう。

(2)文章作成能力(コピーライティング)
普通、何かをインターネットで調べる場合は、googleやyahooなどの検索サイトを利用することが多いと思います。この検索サイトの、1ページ目に、教室のホームページが掲載されていると、色々な人が見に来て、その中から、お問い合わせがあるようにするのが「SEO(サーチエンジン対策)ですが、その基本は文章です。

デザインが幾らよくても、そのホームページの評価とは関係ありません。(ただし、検索サイトの評価のことです。一般の方がホームページをご覧になって、綺麗だとか、カッコイイということは別のお話しです。

少し長くなりましたので、次回に続きます。

定休日、店休日、無休-飲食店、小売店

お店は、1週間に1回、同じ曜日に休んで下さい。

飲食店、小売店の場合、お店の休みをどうするかという問題があります。当然、お店の規模、業種業態、ロケーションによって変わってきます。

※「パパママストア」は、本来流通業界の用語で、家族経営の小規模な小売店を指しますが、飲食店でも古くから使われている言葉です。パパとママを中心に、他の家族や、1人、2人のパートタイムでやっているお店です。

個人のお店(個人事業、小規模法人)の場合、「年中無休」と言うのは、かなり無理があります。よく、開店するときや、開店当初に、店主に聞くと、「当分無休です。」と仰る方が多いのですが、「やる気」は買いますが、あまりおすすめしません。

1 人間には、休みは必要。
当たり前ですが、人間には、休息が必要です。睡眠だけでは疲れは取れません。個人差がありますので、一概に言えませんが、1週間に1日は休んだ方がよいと思います。精神的にも肉体的にもリフレッシュした方が、長続きします。

2 お店にも、休みは必要。
お店の清掃、メンテ等も営業中には出来ません。食材管理の面でも店休は、有効です。

3 自分たちの都合で休むお店。
よく「不定休」というお店があります。一応、無休にしておいて、ときどき休むというものです。当然、知らないお客様が来てしまうこともありますので、よくありません。

4 休みを変える店。
無休を定休にしたり、定休日を変えたりするのは、よくありません。また、わかりにくい設定も感心しません。よくあるのが、
第何週の何曜日が休みというものですが、よほどの暇人でないと覚えてくれません。
「あそこは、何曜日が休みだ。」と覚えていただくことです。

定休日を設定するのは、特に開店当初は、躊躇するものです。売り上げが立っていても、立たなくても決めにくいのは、わかります。いずれにしても、適当に決めてよいものではありません。

少なくとも商圏の店休をしらべて下さい。

飲食店の開業(1)

飲食店と言っても、色々あります。例えば、「高級料亭」と「ラーメン屋」は、まったく違う商売です。

また、これから飲食店を開業したいと考えている方も、さまざまです。

飲食店で働ていた方が独立する場合、全く違う仕事をしていた方がやる場合、他業種の方の副業、多角経営、会社員の副業などです。

一般的に、飲食店(大衆店)を、テナントを借りて、開業すると、大都市では1千万円近くかかります。(もちろん、もっと安く済ませることも出来ますし、逆もあります。)

また、開業、開店では、いろいろなことを、同時進行で進める必要があります。これは、規模の大小でかなり違いますが、どんなに小さくても、やることはたくさんあります。

あなたが飲食経験者であっても、開店を何度も経験し、あらゆる知識があるということは、ほとんどかんがえられません。できれば、あなたが間違わないように助言してくれる人を確保して下さい。

この助言を、仕事としてやっているのが、「コンサルタント」です。飲食店のコンサルタントは、ネットで見るだけも相当の人数がいます。

話しは変わりますが、「コンサルタントは要らない。」と言う人がよくいます。「コンサルタントは要る」の反対です。普通に考えていただいたら結構ですが、どちらも無意味です。

「要る。」と思う人には必要であり、「要らない。」と思う人には、別に必要ではありません。また、客観的に見て、必要な場合も、不必要な場合もあるでしょう。従って、このような記事は、単に「主観」に過ぎません。書籍でも、ネットでも、何でも真に受けてはいけません。(この記事も?)

あなたが決めることです。

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

音楽教室のホームページ(2)

音楽教室のホームページ(1)の続きです。

「音楽教室開業」のカテゴリーに入れていますが、既に教室を運営されている方や、ホームページを持っている方にも、ご参考になるようにしたいと思います。

私が、10年前に音楽教室にかかわるようになった頃と、現在とは随分違います。

当時は、大手の音楽教室(楽器製造会社系、楽器販売会社系など)のプロが作成したものと、先生か、先生のお知り合いが作成したものが多かったように思います。もちろん、個人でもプロに依頼したものも見受けられましたが、現在のように多くはありませんでした。よくも悪くも「手作り感」のあるものが多かったと記憶します。

このためSEOなどは、比較的容易でした。つまり、検索サイト(google、Yahoo)で、「何々県ピアノ教室」と入れると1位か少なくとも1ページ目に載せることは、難しくはありませんでした。

現在では。プロ、セミプロが作成しているものが多くなっています。音楽教室の先生個人が作成されているものもたくさんありますが、以前と比べれば、がレベルだいぶん上がってきています。

ホームページ(WEBサイト)は、10年前は、パソコンで見られていましたが、現在は、ほとんどスマホで見られています。ご存知だと思いますが、パソコンとスマホ、タブレットでは、同じようには表示できません。それぞれにあわせる必要があります。

他の業界と比べると、比較的SEO対策はやりやすいのですが、ポータルサイトのようなものが増えているので、個々の教室のホームページの順位が下がってしまっている現状があります。

さて、ホームページで、一番重要なのは、何でしょうか?

レイアウト、デザイン、写真、イラストなども重要に違いありませんが、一番重要なのはテキスト(文章)です。テキストには、「本文」と「タイトル」が含まれます。

自分で作成している方は、WEBサイトに詳しい方などにチェックして貰って下さい。ご自身では気づかないことは、なれていても結構あるものです。

また、ホームページからの問い合わせが、余りない場合は、何かの原因(原因が複数あることもあります。)が必ずあります。例え、プロが作成したとしても、「完成」というものはありません。

次は、業者に依頼する場合について、です。

 

音楽教室にお奨めの書類とは

音楽教室に「書類」が要るのかと、お思いの先生も多いかもしれませんので、順にご説明します。

先ず、生徒様、保護者様との間で必要な書類です。

○教室規約

教室と生徒様、保護者様との取り決めです。つまり、「教室の決まり」です。「入退会」、「入室退室」などの基本的な事柄を書いて置きます。当然、教室によって異なった内容になります。

○月謝規約

月謝の支払いについての規約です。小さな教室の場合は、「月謝袋」での徴収になりますが、支払い期日、支払いがなかった場合の処理、その他について明記しておくと、揉め事に発展せずに済みます。その場しのぎでは、つじつまがあわないことが出てきます。

○安全規約

教室の中と外を明確にわけ、教室の責任の範囲を明らかにしておきます。また、教室内外で、生徒様、保護者様が事故にあわないようにする目的もあります。

○後援会規約

音楽教室、バレエ教室等で、会員数が増えて来て、発表会、コンサートなどのイベントをすることが多くなると、教室主催者の先生だけでは運営できなくなります。このときに、「後援会」などの名称の生徒様、保護者様のグループを作ることもあります。「後援会」と言っても、色々な形が考えられます。特に、教室との関係が問題になることもありますので、予め規約を作っておく方がよいと思います。

次に、講師との契約に必要な書類です。

○講師契約書

先生お一人でやっている場合は、不要ですが、教室を大きくするためには、講師が必要になります。お身内だけの場合は、特に必要ではありませんが、外部に講師を委託する場合は、契約書を作成しておく必要があります。

以上です。

最近では、インターネット上に、書式、見本などが見られますので、それらを利用している先生も多いと思いますが、あくまで「汎用」(一般的なもの)で、それぞれのお教室の実情と合っていないこともあります。充分注意して下さい。もし、よくわからなければ、ご照会下さい。

無料電話相談 8時~24時

無料電話相談