音楽教室サポート お得なキャンペーンのお知らせ

こんにちは 起業・経営コンサルタントの古川です。

ただ今、音楽教室向けサポートのサマーキャンペーンを実施中です。

音楽教室サポート

継続電話相談(電話顧問)

教室規約

無料電話相談‐飲食店、音楽教室、小売店の経営相談

飲食店、音楽教室、小売店等の開業、経営の無料電話相談を実施しています。

お気軽にお電話下さい。

 

ご相談時間帯

平日 8時~25時

土曜日 14時~25時

日曜日、祝日 8時~25時

080-3812-6215

飲食店小売店サポート お得なキャンペーンのお知らせ

こんにちは起業・経営コンサルタントの古川です。

ただ今、飲食店、小売店向けサポートのサマーキャンペーンを実施中です。

詳しいことは、こちらからどうぞ

これから音楽教室をはじめようとお考えの方へ(1)

飲食店の開業では、「スタートダッシュ」と「スロースタート」という新規オープンの手法があります。「スタートダッシュ」は、オープンイベント、チラシ配布、値引き等で、お店を宣伝して、多くのお客様を集めて、認知させるという手法です。「スーロースタート」は、オープンのときに、特に何もせず、少しずつお客様を集めるやり方です。

どちらがよいかは、そのお店がどのようなお店で、どのような人に来て欲しいとか、経営者のものの考え方によりますので、一概には言えません。

ピアノ教室の場合は、オープンのイベントをする場合もありますが、「スロースタート」が普通だと思います。

ただ、全くの「スロースタート」では、教室があること自体が誰にもわかりませんので、やはり何らかの宣伝が必要です。「看板」、「ホームページ」、「名刺」、「フライヤー(チラシ)」などが考えられます。

生徒が教室を探す場合、普通は、スマホで検索するのが普通ですので、ホームページ、ブログなどが必要です。別のところでも、説明していますが、作成にも、反映にも時間がかかりますので、教室を開業する場合、真っ先に取り掛かる必要があります。

 

 

 

 

週末起業、副業について

週末起業というのは、会社員が土日の公休日を利用して、サイドビジネスをするイメージがあります。本来、会社員の副業は、従業員規則で禁止されているのが普通でした。ただ、最近では、副業を認める会社も出てきていますし、所謂非正規雇用も増えていますので、副業、週末起業はますます増えていくと思います。

※会社が副業を禁止していて、内緒で、副業をやっていると就業規則に違反することになったり、脱税になったりして、肝心の本業を失うことにもなりかねませんので、ばれなければよいというようなことは危険です。

例えば、音楽教室を、休日や、仕事終わりにやっている方も多くいます。アルバイト的な感覚の場合や、本格的にやる前の一つのステップの方もいます。いきなり会社を辞めて、開業するのは、リスクがあるので、試しにやってみて、軌道にのれば、本業にするという方向もあります。

「副業」は、会社員でなくても、よくあります。建設業者や運輸業者の方が、副業に飲食店、小売店などを開業経営しているケースはよくあります。別のところで、異業種の飲食店開業経営については、ご説明したいと思います。

フリーランス、フーリーランサー(ニュアンスとしては、「自由業」に近い個人事業主、小規模法人でしょうか。)が、増えていると言います。1000万人と書いてあるものもありますが、人数はともかく、増えていることは確かです。これは、経済環境、非正規雇用の増大、社会構造、年齢分布の構造的変化などの社会的な問題が背景にあると思いますが、ここでは触れません。フリーの場合でも、メインの仕事と、サブの仕事をしている方は、よくいます。因みに、私も色々やっています。

週末起業、副業に対するウエイトのかけ方、スタンスは人それぞれですが、メインも、サブも精神的、肉体的に疲れてしまうようであれば、一度、やり方を変えたりするのもよいと思います。

 

 

 

無料電話相談